にしき薬局 閉局のお知らせ

医師から処方される薬を直接買える、とは?

医師から処方される薬を直接買える
「零売(れいばい)薬局」ってなんですか?

医院・病院に行かなくても
医療保険での処方箋がなくても
薬局で直接「医師から処方される薬」を
自分の意志で購入できる薬局のことを「零売薬局」といいます。

医師は薬を処方する際
国が医薬品として登録した薬」の範囲から選択します。

それは大まかに
お医者さんだけが処方できるお薬」(処方箋医薬品) と
「必要に応じて薬剤師がお売りすることを許されているお薬」(処方箋医薬品以外の医薬品)
に分けられ、

当薬局では
必要に応じて薬剤師がお売りすることを許されているお薬」(処方箋医薬品以外の医薬品)を取り扱っており、それにより医師を受診せずとも、全体(15,000種類程度)の約半分(7,000種類程度)から、自分で薬を購入することが可能となります。

取り扱い品目のご案内はこちら

費用については、健康保険をご使用になれませんので
全額自費にてお支払い頂いております。
費用について、詳しくはこちら

※処方箋医薬品を、処方箋によらずに販売することは、法律により禁止されています。

メリット

医師から処方されるのと同じ医療用医薬品を使用することができる。
・医院に受診しないため、初診料・診察料・処方箋料などはかからない。
・生活上、医院にかかることができない場合でも、医療用の薬が入手できる。
・複数の選択肢から自分で薬を購入することができ、薬の種類・必要最低量も選択できる。

などのメリットがあります。

デメリット

・健康保険が効かないため、負担割合は10割。(もともと国の定める薬価が高い薬は費用がかさむ)
・体調の変化等により処方箋が必要な薬(処方箋医薬品)が必要になった場合、別に医院を受診する必要がある。
・生活習慣病などの継続的な検査・診察が必要な薬、睡眠薬・安定剤など管理が厳重な薬は入手できない。

などのデメリットがあります。

医薬品副作用被害救済制度 について

万が一副作用があった際は、薬を適切に使用していた場合「医薬品副作用被害救済制度」の対象となるため、注意点を守って正しく使って頂ければ、制度が適用されずに困ることはありません。


ただし 基本的に、医療とは
「医師の診断・処方による」ことが前提にありますので

【薬局で必要な薬を好きなだけ買うことができる】ということではなく

あくまでも当薬局は
医院にかかりたいけれども事情があってかかれない、生活上かかれない方
を対象としたサービスであり、

必要に応じて医師への受診をお勧めし、状況によっては販売をお断りする場合もございますので、
ご了承願います。

薬は注意を守って正しくお使いください。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

友だち追加
タイトルとURLをコピーしました