にしき薬局 閉局のお知らせ

医療用医薬品の入手でお困りの方へ

ニュースでも取り上げられました。

医療用の薬が品薄です。

もちろん
品目や、薬局によってもかなりばらつきがあります。
全ての薬が入手出来ないわけではありません。

普段、お医者さんから処方されている薬で
まだ、品薄で入手が先になりますよ、と言われた事のない方ほど
実感のわかない事柄だと思いますが
全体的に品薄なのは、事実です。

お医者さんとの対面時に
「この薬の入手は困難ですよ」と言われることは少ないでしょう。
お医者さん達は、どの薬やメーカーが入手しにくいかを常に把握してはいないからです。
また、メーカーも、お医者さんにお知らせ出来る程には人員がおりません。
現状では品薄に関係なくどんどん処方されます。

だから
医院や病院から処方箋を貰って、薬局に行ってから
「この薬(またはこの薬のこのメーカー)は、入荷待ちでいつになるかわかりません」
と、言われることが多くなっているんですね。

薬局としても
出来る限り処方通りにお渡しするよう頑張っているんですが
入手が無理な薬(かつ、メーカーの変更が出来ない薬)であれば
代わりになる薬(またはメーカー)に変えて貰う許可を、お医者さんに依頼します。
問い合わせをするんですから、控えめに言って、待ちますよね。

医院で受診の為に待って、処方箋を持って薬局に行き
薬局で薬がないと言われ、医院から再度薬を変えて貰う為に待って、そこから薬の準備をする。

これが、薬が入手できない場合の対応なのです。
決して、誰かが手を抜いているわけではなく、皆が真面目に制度を守っている結果です。

では
我々のような、零売薬局ならどうか。

今在庫のない薬については
医薬品卸に問い合わせをして、納品が決まってから、お渡しすることになります。

直接来局された方なら
最初に聞き取りをし、必要な薬を把握したら
「薬局にある在庫の中から」必要な品目・数を選んで頂けます。

ということは
予約や連絡をして、納品が済んでから来局されれば
待ち時間を限りなく、短く出来る上に
「予約してあった薬なのに入荷していなかった」
ということは、余程のトラブルがない限り、あり得ないのです。

もちろん
どの医院、薬局でもそうであるように
我々にも、お売りできる薬には制限がございますので

「この薬か、または同じ効き方の薬は直接買えるのかな?」と疑問に思われた方
「医院に行って待って、薬局に行って待って、薬を変えてもらってから受け取るのにまた行って」という時間が、忙しくて取れない方
「常備薬なのでどうしても入手したいけど、処方して貰えないことが多い」方
などなど

医療用の薬が必要でお困りの方は
先にお問い合わせ頂ければ
準備が出来る薬なのか、いつ準備出来るか、価格はいくらか
これら3つの情報を、お返事致しますので

是非、お気軽にお声かけ下さい。
電話、またはLINEにて対応が可能です。

タイトルとURLをコピーしました